エキサイトブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
1967年生まれ。大分舞鶴高から早稲田大学を経てサントリーに入社。日本代表を経験し、サントリーフーズでプレイングコーチを務め、2001年現役引退。全国大学選手権優勝2回、日本選手権優勝など、輝かしいキャリアを誇る。現在は早稲田大学とのサントリーフーズのコーチとして後進の指導に注力。特に最近の早稲田大学の躍進では、清宮監督のもとでその指導を支え結果を出している。ラグビーを通じて取得した『組織論』は企業組織にも充分に生かせると定評がある。

生年月日:昭和42年9月13日
出身地:東京都
身長:183cm
体重:96kg
血液型:AB型
趣味:読書、映画鑑賞、サッカー
カテゴリ
最新のコメント
本当勉強になりました。 ..
by パートナーエージェント 口コミ at 07:44
下井は感情で吹く最低の人..
by イマイズスキ at 20:31
ベビーシューズ ナイキ
by ジョーダン ナイキ at 16:52
太秦は右京区にあります。..
by 右京区ですよ at 16:55
セレブだってトキメキたい..
by 恋するセレブ at 15:35
秦氏を調べていく内に西条..
by 高橋 建次 at 19:41
秦氏の謎
by 高橋建次 at 14:48
酒川用水の井堰を嵐山の大..
by 高橋建次 at 14:46
私の地方にも秦氏の問題が..
by 高橋建次 at 14:40
阪神ジュベナイルフィリー..
by 阪神ジュベナイルフィリーズ 2011 at 12:10
最新のトラックバック
●山本圭一『めちゃイケ』..
from 中秋名月
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
Fカップの「爆乳美少女」..
from ヤオヤオこと郭書瑤(グオ・シ..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
あの数年前に起きた整形外..
from あの数年前に起きた整形外科美..
原史奈 痴漢に手をスカー..
from 原史奈 痴漢に手をスカートに..
本上まなみ デビュー当時..
from 本上まなみ デビュー当時に撮..
Perfume(パフュー..
from Perfume(パフューム)..
さとう里香 レースクイー..
from さとう里香 レースクイーン時..
井上和香 流出全裸露天風..
from 井上和香 流出全裸露天風呂映..
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
早明戦後の皆さんの意見を受けて・・・
 様々な方々から、ご意見・ご指摘を受けまして、有難うございます。

実は、これほどの方々が、熱い思いを持っていることを知り、有難い話だと思ってます。

さて、私が問題としているのは、レフェリングによって、早稲田が有利になったとか、

明治が不利になったとか、はたまたその逆のことになったとかを問題にしているのではなく、

なぜ、その現象(ラフプレー)が起こったのかが問題なのです。

長い歴史ある伝統の一戦だすから、お互いに有利に、不利に、損したことも、得したことも、

当然あります。

 この前ですが、2011年ワールドカップを、日本に招致にしようと、活動しましたが、結果は

ご存知の通り、駄目でした。

 世界に向けて、日本のラグビーも、どんどん出て行かなくてはならない時代に入った。

世界に出て行こう。ラグビーをメジャーにしようと考えたら、当然、代表チームが強くなくては、

ならない。

世界を相手にしようと考えたなら、日本国内に、多種多様なラグビーが存在すると、代表チーム

を作るのに時間がかかる。

 そこで、日本国内のラグビーを日本人として世界に通用するものを、深く議論をして、統一して

決める。

どのチームも、同じ価値観、同じ思考でチーム作りをする。

当然、レフェリングも、日本が思考するラグビーをサポートする。

日本の国内で、皆が同じ方向に向くことが、今の日本ラグビーには、必要なことだ。

同じ課題・研究テーマを共有して、お互いの考えを情報交換して、シェアすることで、日本自体

のレベルが向上する。

 日本全体のレベルの向上は、代表の底上げにも繋がる。

レフェリングが曖昧で、一貫性がないのも、日本ラグビーとしての意思統一がないからだ。

個々で、思い思いのことを思考して、ラグビーに取り込んでも、外には通用しない。

ワールドカップを招致しようと考えているくらいなので、当然、世界に向けて日本ラグビーが、

外にどんどん出て行こうと考えているはずなのだから、今までの政策・施策、運営方法で、

上手くいくはずもない。

 日本の国内では、お互いのチームが、イーブンな状態で切磋琢磨できる環境を作ることが

重要だ。

 4年前は、早稲田に有利にレフェリングが働いたとか、今年は明治に・・・日本のラグビーが世

界にどうやったら通用するのかを、考えたら早稲田とか、明治とかを気にしている場合ではない

私のコメントを読んで、勝てば官軍的コメントだとか、敗者に配慮が無いなど、ご意見を

頂いたが、そのように、読み手の皆さんに伝わってしまったことは、私の力不足であり、

説得できなかったことは、私にとって、本当にいい勉強になった。

逆に、誰にも指摘してもらわなければ、今の自分を知ることができなかった。

ご意見・ご指摘を頂き、有難い話で、感謝します。

反則・ラフプレーに関しても、色々な種類が存在する。

反則を犯している選手。例えば、寝ているのにボールに手を伸ばして、ボールの動きを止める

プレーをしている。それも一回・二回ではない。レフェリーに指摘しても、

「ちゃんと見ているから大丈夫。」といわれる。指摘した選手は、一応に安心する。

しかし、また同じようにボールの動きを止めるプレーをする。

レフェリーにアピールしても、反則を取ってもらえない。尋ねても、無視される。

挙句の果てに、ジャッカルされてターンオーバー。この瞬間に、選手とレフェリーとの間にある。

信頼関係は、音を立てて崩れる。

反則を重ねるチームも、反則が取られない以上、継続してボールに手を伸ばす。

「レフェリーは絶対」と先生・監督・コーチは、言う。

でも反則プレーに対して、レフェリーは、チェックしてくれない。

 試合に負けた時に、「レフェリーが反則を取ってくれないから。」を、言い訳にしても、

負けたら意味がないことだ。

ラグビー列強では、反則をするなとは、教えられない。

「相手に反則をさせるな。」と、教えられる。

ボールの上に寝てくる相手プレーヤーは、踏みつけて、二度とボールの上に寝て、プレーを

妨害したくないと、思わせなくてはならない。

レフェリーが、倒れたり、寝込んでくるプレーをチェックしてくれれば、する必要の無いプレーだ。

ラグビーは、自己犠牲の精神を養う競技の、一つである。

このボールが、相手でると点を取られるかもしれない。反則覚悟で、ボールに飛び込み、

ボールの動きを止める。

ボロ雑巾のように、踏まれる。

自分が悪いこと、つまり反則を犯しているのは、承知で行っているプレーなので、

踏まれても、怒れない。そこで、怒ったら逆ギレで、今、社会問題になっている現象と同じになる

ニュージーランドの選手は、踏まれても、自分が犯した反則に対して、相手チームに誤る。

誤ると、フェアーな選手だと評価される。

日本人が考える「フェアー」と、イングリッシュスピーカーの考える「フェアー」は違う。

ここを理解しておかないと、世界に出て通用しない。特に組織プレーを重視する団体競技には、

大切なことだ。

ラックで寝ていて、故意に踏まれたものか、偶然かどうかは、踏まれた方は、不思議と分かる

ものだ。

 踏まれた原因が、何かは、踏まれた選手が、一番理解している。

だから、何故、ラフプレーが発生したのか、その原因を考えなければ、本当に意味での、

ラフプレーは、無くなっていかない。

そこをコントロールすることが、レフェリーの仕事である。

色々な政治的な理由はあるが、接戦しないと盛り上がらないという思考は、もう時代に

そぐわない。

早く、日本ラグビーの方向性を決めて、選手もレフェリーも、サポーターも、同じ思考になって、

対世界に向かって、力を合わせることが、今、最も必要なことだ。

皆さんの賛否両論あると思います。

幅広い、ご意見・ご指導を賜りたいと思います。

とにかく、皆で考えて、議論することが、日本のラグビーの未来に繋がることを信じて、

私は、このブログを継続していきた。

ここで議論されたことは、今後のラグビー強化のアイディアにしていきたい。

皆さんのご意見を、お待ちしております。
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-12-06 05:07 | ラグビー | Comments(36)
Commented by ごーろくなな at 2005-12-06 08:55 x
今泉さんの文章には、がっかりさせられました。 前日のブログに対するコメントや意見に対しての回答にはなっていませんよ。 きちんと説明すべきです。それが、アカウンタビリティー、って書かれていますよ。
Commented by 同じ価値観 at 2005-12-06 09:56 x
今泉さんん。 あんなブログ書いて後悔しているんでしょうが、貴殿もいい大人なのでコメントには責任を持ってくださいね。 あのようなコメントを書いた人と「日本ラグビーとしての意思統一がないからだ」はないでしょう。
少なくとも今泉さんと意思統一すたくはないですよ。僕はプレイヤーではないけどね。自分への批判を「世界に通用する日本ラグビー論」に挿げ替えてはいけません。みっともない。
Commented by あきれた at 2005-12-06 10:54 x
今泉氏へ
あなたはレフェリーに対して尊敬の念が欠如しているようですね。
少ない手当てでそれこそ自己犠牲を払ってレフェリーをしている方たちに失礼です。
今のレフェリーにご不満ならなぜあなたが協会に対してレフェリングの統一方法など、なにかアクションされたのでしょうか?
レフェリーに対してこういう態度していると誰もレフェリーなんてしたくなくなるとおもいますが?
そうしたらあなたはレフェリーなしで試合するのですか?
Commented by 大学生 at 2005-12-06 12:04 x
今泉さんの考え方はよく分かりました。
現実にトップレベルでの戦いを経験した人の、現実的なお話だと思います。
6ネイションズやトライネイションズでも、ひどいラフプレーはあり、またそのくらい選手は必死ですものね。

しかし、やはり私は、ラグビーとは紳士のスポーツでとくに高校生や大学生はクリーンにやってほしいと思います。
相手が反則してもこっちは反則しない。レフリーに責任をなすりつけない。
「負けたのはおれたちが弱いから」
それは夢物語でしょうか。

富岡キャプテンの言葉。
http://number.goo.ne.jp/others/20051124-rugby.html
ピッチ上の30人、みながこういう精神を持って試合をすれば・・・と思ってしまいますが。きっと無理なのでしょうね・・・


あと、いろんな批判コメントもありますが、あまり捨て台詞をはいてるだけのものは気にしないほうが良いかもしれません。
ただし、「ラグビーファン」として今回の貴方のコメントに共感する人は少ないと思います。長文失礼しました。
Commented by りょう at 2005-12-06 12:04 x
おっしゃるように日本のレフリングが変わらなければいけないのは確かだと思います。しかし、そのためには選手はもっと変わらなければいけないのではないでしょうか。

日本は世界トップクラスの国の2倍以上のペナルティの数があるといわれています。レフリーのも原因があるが選手側にそれ以上の原因があると考えます。
  1、選手の反則に対する意識・技術の低さ
  2、ペナルティをいかしきれないケースの多さ
  3、セルフジャッジして勝手にプレーをやめる
  4、際どいプレーをいちいちアピールする

これをやめなければレフリーも絶対に変わらない。
早稲田の試合を見ても同じこと(むしろ他大学以上に)行っている(特にSHの奴のレフリーへの文句が目立つ)。もっと余裕をもっても勝てるはずなのにかえって印象が悪くなってします。
Commented by りょう at 2005-12-06 12:05 x
なお一点だけ気になるので指摘するが、

>4年前は、早稲田に有利にレフェリングが働いたとか、今年は明治に・・・日本のラグビーが世界にどうやったら通用するのかを、考えたら早稲田とか、明治とかを気にしている場合ではない

こう言うのなら、なぜ早明戦で早稲田が不利に扱われることを強調したのか?もっと一般論で述べればよい。そのあたり文章表現力のなさを感じる。もう少し慎重さをもってほしい。
Commented by おまっ! at 2005-12-06 12:22 x
今泉さんへ
ネットで素性を明かさずに言ってくる輩には、
今泉さんが何を言おうが、
最初から批判、誹謗中傷する気しかない馬鹿ばかりなので、
いちいち不快になるだけの非真摯な書き込みは無視するのが一番です。
コメントをできないようにしたとしても、逃げでもなんでもありません。
こんな建設的な議論もできない、低レベルな馬鹿どもを相手にする必要はないのですから。
時間がもったいないです。
Commented by 奈良の大仏 at 2005-12-06 12:27 x
レフェリーの向上には、各スポーツが問題化していると思います。レフェリーによって試合がまったく違うものになってしまいます。サッカーの代表の試合においても、アジアのレフェリーには、がっかりさせられることが多いと!
オリンピック柔道で篠原選手が負けと判断された後、山下監督が英語で抗議できなかったから、わかってもらえず、その後、英語をマスターし 世界を回って、レフェリーの育成向上に努めたと、テレビで観ました。
選手の育成も大事なことですが試合を正しく導くレフェリーの育成も同時にしていかないと、世界は、ますます遠いものになっていくような気がしますが.....
Commented by さんぼ at 2005-12-06 12:51 x
ブログですから 自分の意見を書くのは 当然です。
村上さんも 一時期 かなり いろいろ 書かれてましたよ。
今泉さんのような 元日本代表のトップ選手が こうやって 自分の意見をいうのは いい事だと思います。人それぞれ 考えが違うので いろんな意見があるでしょうが 日本ラグビーが いい方向に 行ってほしいという気持ちは よく伝わります。
私も レフリング云々を言うのは あまり好きではありませんが、レフリーの質や協会の姿勢など それほど いろいろな問題が あるのだろうと察します。
村上さんのブログが批判された時に 私は 「批判も応援のうちです」 と
コメントしました、 まだ 熱いラグビーファンが いっぱいいるって事ですよね、 本当に冷めてしまったら 批判もされませんから、、、
もっと どんどん 日本のラグビーの問題点を出してほしいと思います。
Commented at 2005-12-06 14:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gororin at 2005-12-06 17:09 x
私は、ラグビーはわかりません。でも イマキヨさんがご自身の言葉で語った文章は好きですよ。イマキヨさんの体温が伝わってきますもの。
Commented by oasis at 2005-12-06 20:59 x
早明両校OBで早稲田では社学研を修了した者です。
(公共経営の青○さんの知り合いです。)
早明戦終了読ませて頂きました。
元々明治OBだったのでいまだに早明戦では明治の応援に行っています。明治ファンはいつ復活するか毎年首を長く待っているのにいつにな
っても復活しないのでフラストレーションが溜まっていたところ清宮さんや今泉さんの明治への発言は明治ファンが思っていることを代弁してくれた感じでとてもうれしかったです。
明治の永遠のライバル早稲田から言われれば今度こそ本気になってく
れるものと期待しています。
Commented by 01 at 2005-12-06 21:03 x
僕はバスケをやっていたので、ラグビーには詳しくありませんが、レフェリーのジャッジには泣かされたことも笑ったことも。人間が判断する以上、ミスも差別も多少なりとも存在しうる。野球もしかりサッカーもしかり。それはいたしかたないですよね。プレイヤーである以上、ゲーム時に起こりうる全てのことを想定してメンタル面を鍛えることは大事なこと。しかしプレイヤーにしてみれば、ひとつの確固たる判断基準、共通の思想の元、ジャッジされなければ不幸です。それも学生のように二度と同じ瞬間を得られない場合はなおさら。その競技にかかわる、えらい人、監督、コーチ、選手、レフェリー・・・色々な立場の人が、色々な思惑を持っていると思いますが、正々堂々意見をぶつけ合い、最善の道を模索していってもらいたいと思う。一時の話題集めではなく、これからのスポーツ界のために、その道のトップを走っている人たちや、協会は指針を作っていって欲しい。同じスポーツを愛するものとして、議論が出来るこういう場はすばらしいと思う。今泉さんの意見がいいか悪いかという揚げ足とりではなく、前向きな意見交換の場として相応しい場所であることを願っています。がんばってください。
Commented at 2005-12-06 21:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 明治 at 2005-12-06 21:13 x
早明戦では明治の完敗。かつてのFWは何処へ・・・
明治のためにゲキをとばしてやって下さい。
早稲田と明治のユニフォームが交わる国立が一番好きだ。
Commented by ooya at 2005-12-06 21:46 x
世界の中の日本のラグビーを語る今泉氏と前回の内容(明治ラグビーとレフリーへのコメント)の落差についていけません。
笛吹き童子 とこき下ろしたあのレフリーにはやはり、笛吹き童子 といわれますか?前回のコメントに対し、再度コメントしないとどんな高邁な意見を語ろうとも 虚しいなぁ。
決して揚げ足取りでもなく、(おまっ!)のいうところの<誹謗・中傷・非真摯>のかきこみではありませんよ!
今泉氏 の前回の文章こそ おまっ! の言う文章そのものです。
Commented by naocco8 at 2005-12-06 21:58 x
今泉さんの日本ラグビー向上への想いが伝わってきて、考えさせられました。外側から見ただけではわからないいろいろなことがあるのですね。ただ1つだけ言わせて欲しいのは、大学ラグビーは学生が行うものだということです。学生全員がプロになるわけではないでしょう?強いことはすばらしいことだけど、ラグビーの魅力はそれだけじゃないのでは、とも思います。どうして高校野球に感動するのか、大相撲の人気が低迷しているのか、サッカーがもてはやされているのか、もうちょっと視野を広げて考えてみませんか?最後に、今泉さんの文章はストレートな気持ちが感じられてとても好きです。これからもずっと応援しています。
Commented by ゲーシー at 2005-12-07 00:14 x
 今泉さんは、大学1年からのファンです。
 レフェリーも同じ人間。ミスもすれば癖もあるだろうし、その人なりにいいゲームメイクをしようと思って笛を吹いていると思う。そして、人間がジャッジするスポーツである以上、ミスジャッジはなくならないと思う。もちろんレベルアップの努力は必要だと思いますが。
 私はソフトボールをやってますが、アマチュアレベルなのでストライクゾーンなどは審判の癖によってこれでもかというくらい違う。そこでいちいち不平不満をいっていても試合には勝てないし、余計不利なジャッジになるかもしれない。勝つために、そのジャッジをいかに利用できるかということになってきます。
 ラグビーなどでも試合中にレフェリーの特徴を読み、この人はこうなのか、では勝つためにはこうしてやろうというような考え方でゲーム中に反映することはできないのでしょうか。審判のせいで勝った負けたでは、競技者のレベルも上がらないでしょうし。審判をも飲み込むようなプレーや精神力があって初めて世界に通用できるようなレベルになっていくような気もしますので。
 えらそうな発言ですみません。
Commented by ハネ at 2005-12-07 00:26 x
イマキヨさん、私はあるスポーツのコーチをしているため、イマキヨさんのブログでいろいろと勉強させていただいています。
このブログのように熱い議論ができる場があり、ラグビーがうらやましい気持ちでいっぱいです。
中には、馬鹿にしたような文章で煽るだけの書き込みもありましたが、
真剣にイマキヨさんの意見にぶつかってこられる方もいて、
これからもラグビーを愛する様々な方がこのような場で意見し合っていけば
良い方向へ向って行くに違いないと思います。
偉い人たちだけの意見ではなく、このように一ファンの意見にも耳を傾けてくれて
そしてそのアイディアを少しでも取り入れてもらえたら最高ですね。
ほかのスポーツにも言えることですが・・・。

早慶戦の前半の慶応のタックルは本当にすごかった!!
完封だったけれど、またあんなわくわくする試合が観たいです。



Commented by リブロ at 2005-12-07 00:27 x
清宮監督の明治への厳しい発言は、低迷するラグビー人気の中でのマスコミへのリップサービスという面と、古き良きライバルからのかつだと私は理解しました。また、日本ラグビーのエスタブリッシュメントたる早稲田の監督自身が、対抗戦は通過点にすぎず、目指すは近年のライバル関東学院を制し大学日本一となり、日本選手権でトップリーグ勢に勝つことと公言していることは、非常に意義深いことと思っています。
清宮氏の個性が、将来協会などで発揮されれば、日本ラグビーは劇的に変革されるのではと期待しています。今回の今泉さんの諸々のコメントも、今後変革への勇気ある提言へとつながっていくのであれば期待いたします。批判にこりず、勇気ある発言を発信して下さい。
但し、下井レフェリーへの批判は個人攻撃的で不快感がありました。観戦している限りでは下井レフェリーは日本のトップレフェリーで人格も申し分無いようにお見受けします。一般ファンには分からぬ何らかの政治的な力が本当に働いていたのであれば、真相を知りたいとは思いますが、今後説明頂けるのであれば限りなくボランティアに近い一レフェリーへの配慮は是非お願いしたいと思います。
Commented by グリドン at 2005-12-07 00:53 x
今泉さん、まず素性を明かした上で、自分のご意見を表明されることに敬意を表します。

レフリングの問題は、これまでの経験からすると、どちらか贔屓チームがあればほぼ間違いなく「あのレフリングはよくなかった」という感情が芽生えます。逆に、どちらを応援するでもなく見ていると、あまりそういうことを感じません。正直、早明戦のレフリングがどちらかに偏っていたなどとは、第三者的に見た私には感じられませんでした。

ところで、本当に日本ラグビーを変革したいのなら、まずその第一歩として、この「早明戦」がなぜいまだに「12月第一日曜日」に開催されなければならないのか、そこについて言及していただけませんか?これに喜んで(意味を見出して)いるのは当事者だけ、日本ラグビーのためにちっともなっていないと思いますが。対抗戦・リーグ戦(さらに関西リーグ)と分かれていることで、今年で言えば早稲田は関東学院・同志社・大東文化のうちどこか1チームとしか公式戦で対戦できないのですよ?これが日本のラグビーにとっていいことですか?
Commented by 長官 ~その①~ at 2005-12-07 01:05 x
僕は高校の母校が古豪だったこともあり高校時代にラグビーを知り、関西に来て大学ラグビーを見る中で次第に惹きこまれていった20台半ばの者です。
皆さん、批判のコメント多いですね。
まぁ、僕も賛成とは言い難い部分もありますが、しかし納得できる部分もわりにあります。

若造が言うのもなんですが、やはりラグビーは現在では野球・サッカーに大きく差を開けられたマイナースポーツに転落していると思うのです。再び(と言っても、僕は神鋼連覇時代をうっすら知ってるくらいの世代ですが)ラグビーが魅力溢れるスポーツとして羽ばたくには、どうしてもラグビー界の改革が必要だと感じます。
私自身、大学ラグビーはとても好きなのですが、ラグビー競技自体の発展を考えれば、
ここが‘メインステージ’であってはいけないと思う。早明戦が特別だの伝統校がどうだのというのは、一つの‘名誉’としてある分には良いが、‘特権’となってしまっているのはラグビー界全体にとっての足かせになっていると思う。
Commented by 長官 ~その②~ at 2005-12-07 01:05 x
そしてそういった‘特権’を形骸化させて実質試合日程等を組む上ではどうでもいい‘名誉’に落ち着くには、やはり今泉さんのおっしゃるとおり代表が強くならなくてはいけないし、その代表が強くなるためには、ラグビー界全体として一貫した理念・思想を持つ必要があると僕も思います。

おそらくこの辺は皆さん反対ではないのではないでしょうか?

ただ、僕が少しひっかかったのは、「ボールの上に寝てくる相手プレーヤーは、踏みつけて、二度とボールの上に寝て、プレーを妨害したくないと、思わせなくてはならない。」と指摘している部分であります。いわば強くなるための「過程」に対しての部分です。
僕はラグビーの経験があるわけではありませんが、仮に私自身が反則承知で寝転びに行った選手であれば、「お前、そんなとこで寝るからふんでもうたんやろうが!」という場合ならば、確かに「俺の責任だから気にするな」と言えるでしょうが、「お前、そんなとこで寝るんなら踏みつけるぞ!」というように来られるならば、もしかしたら‘仕返し’するかもしれません。
Commented by 長官 ~その③~ at 2005-12-07 01:06 x
私がラグビーに惹かれた一つの理由は、どのスポーツよりも荒々しくしかし紳士な理念をもつスポーツだと知ったからです。「ゲームセット」と言わず「ノーサイド」とコールするその精神に感嘆したからです。接点多いスポーツなので「相手に反則をさせない」事は現実の目標である事は重々よく理解できますが、しかし、一方で「自らが反則をしない」という精神をどこかに置き忘れてはいけないと思うのです。

 極端な話を言えば(早稲田を批判してるのではありませんよ!あくまで一般論として)、反則そこそこで大差で勝てる力があるのなら、目指すべきもう一つの着地点は「僅差でもいいから反則0で勝つ試合」ではないかと思うのです。僕が選手あるいは指導者であれば、「反則しかけてくる奴がいても絶対に仕返すな。反則しても勝てないことを見せつけてやれ!」と言うでしょう。スポーツは勝ち負けだけが‘ドラマ’でない事は、今泉さん自身もご指摘の通り。だからこそ勝利の裏にあるこうした‘姿勢’こそが大衆を惹き付ける大きな要因になるのではないでしょうか? 裏を返せば、ただ強いだけでは一時期ブームが来たとしてもいつか見放されると思う。
Commented by 長官 ~最後~ at 2005-12-07 01:06 x
 「なぜラフプレーがおきたのかを考える」際に、レフリーのあり方を問うならば、それと同時にプレーしている選手自身も自らのあり方を問わねばならないのではないかと考え、こんな長文になってしまいました。かなり脱線した話にもなっていますが、これが私自身には勿論、今泉さんにとっても何らかの糧となればよいと思い投稿しました。
 それでは今後のご活躍、期待していますよ。
Commented by 豊後 at 2005-12-07 01:13 x
はじめまして。今泉さん>これからもがんばってください。そして大分にも帰ってきてください。応援してます。
Commented by しげ at 2005-12-07 14:13 x
みなさん賛否両論あるようですが私は今泉さんの意見に賛成です。
私は今泉さんが、ラグビーを深く愛していて将来のラグビー界を憂うが故の意見と解釈しました。
私見ではありますが実際にラグビーの試合を観戦していると、レフリーが流しても良さそうな微妙なスローフォワードを取ったが為、その後に起こるかもしれない華麗な展開をジャマされたような気がしてガッカリすることがあります。
今後、ジャパンのラグビーが展開ラグビーを思考するのであれば、杓子定規にジャッジするのではなく、パス回しに有利なジャッジをするべきではないでしょうか。
もしその点を厳しくジャッジするのであれば、選手はリスクを犯してまでもパスを回す選択をせず、近場で勝負するプレーを選択するのではないでしょうか??

Commented by しげ at 2005-12-07 14:13 x
つづき
勿論、故意に行われた悪質な反則(ボールの継続の妨げになる様な)に対しては厳しくジャッジすべきだと思っています。ターンオーバーがあったり、素早いタイミングで密集からボールが出てきたり、ボールが動くから観ていて面白いのであって、それを妨げるような反則行為はラグビーの面白さを半減させる行為なのでは許してはならないと思います。

今泉さんの意見に批判もあろうかと思いますが、今泉さんは選手の頃は痛んで倒れている選手には敵味方関係無く近寄って行き、その選手が立ち上がるとポーンとお尻を叩いてあげるような選手でした。決して相手チームの選手に尊敬の念を抱かないような選手ではありません。
過去の記事には他チームの選手の中に個人的にファンがいるとも書いています。
今回の記事だけを読んで今泉さんの人格までを否定する方は、彼の過去の記事などを調べてみて下さい。
Commented by toy at 2005-12-07 15:30 x
長い間ラグビーを見ていますが、下井さんのレフリングが細かいことは間違いないと思います。スローフォワードなど、本当に確認できる位置で見ていたのかと疑いたくなるような場所、しかも試合のキモになるような場面で笛を吹く。興ざめの笛。逆にとらなくてはいけないリメインオフサイドなどは、とらずにそのまま試合が進行する。ポジショニングが悪い上に、観客も納得できない自己満足な笛が多いと思います。もちろん、レフリーは絶対で、手弁当でやってくれていることにも頭がさがるが、それでも上手なレフリングとはいえないと思います。もっとひどいレフリーはいっぱいいるので、下井さんだけを責めるわけにはいかないけれども。。。そういう意味で、ぼくは今泉さんの意見に賛成です。
Commented by ooya at 2005-12-07 21:06 x
長官殿の意見が冷静でいい意見だね!
プログといういわば 誰でも見れる場所で発言される時、しかもラグビー界で知る人ぞ知る 今泉氏が発言されるわけですから、もう少し表現方法・言い方に配慮していただければと思いますね。
ノーサイドの精神大事にしたいですね・・・。
Commented by Owanya at 2005-12-08 14:10 x
明治を卒業して20年もたつOBですが、今泉さんのおっしゃられていることは非常によく理解できます。20年も早明戦を見ていると、今年は早稲田笛だったナーとか、今年は明治笛で助かったとか本当に良く感じます。レフェリーは協会から具体的に指示されてそのような笛を吹いているのでしょうか?もしそうだとしたら、やはり問題だと思います。レフェリーが空気を読んで図らずもそのような演出をしてしまうのだとしたら、まあある程度はしょうがないですね。
Commented by Owanya at 2005-12-08 14:11 x
あと、もう一点ラフプレイについてですが、私はラグビーのある側面の一部だと思っているので肯定も否定もしません。そういうことはゲーム中に起こることがあるよね~、という立場です。でも忘れてはいけないのがラグビーには社会生活と同じように明確にはクロと言い切れないグレーゾーンのプレイがあるということです。社会生活においてはグレーゾーンのプレイ(笑)はリスクが大き過ぎるので避けるべきですが、所詮80分間の世界でしかないラグビーではレフェリーの癖を見つつグレーゾーンのプレイに積極的になって欲しいんです。もちろん勝つためにです。勝つために使える手段は全て使う、というのが勝負の世界に生きる人間の正しい姿であり、それをせこいとか汚いとかいうのは、勝負の世界の厳しさを知らないもののたわごとに過ぎないと思います。なので反則ゼロのゲームを目指すべきだ、という意見には与しません。リスクを負ってグレーゾーンのプレーにもチャレンジして欲しい、というのが私の意見です。反則もラグビーの一部だと思うので。否定も肯定もしませんけどね。(笑)
Commented by 長官 at 2005-12-08 14:23 x
>>Owanyaさんへ
もちろん僕の発言したような姿勢で臨んでも反則0で終わる事はないでしょう。ただ、本当の根っこのところの姿勢として、理想のあり方として、私の言ったような部分を頭に止めておいて欲しいと言うことです。実際の勝負の中ではそんな理想論は通用しないことと言うのは重々わかっています。ですから、グレーゾーンを攻めていく事はある種当然の手段です。私も否定はしませんし、それがある面アグレッシブなプレーにもつながるとも思います。
しかし、です。それは理想に対する‘次善策である’と言うことを認識しているのかどうかによって、その後の選手の成長自体が変わると思うのですよ。より「世界のどこの人々に対しても」「魅せる事の出来る」選手を輩出したいのならば(あるいはそういう選手になりたいのなら)、同じプレーをしていてもこの意識を持っているかどうかで、最終的な着地点はだいぶ違ってくると思う。
そういうことをいいたかったわけです。
Commented by Owanya at 2005-12-08 19:21 x
>>長官様
趣旨ご理解いたしました。
私のようなものの意見にResをいただきありがとうございます!
Commented by へぇー at 2005-12-13 08:31 x
S氏の笛は確かの細かすぎる。
でも、そんなことはレフリーの個性です。非難するにはあたらないのでは・・・
それより問題にすべきは、変な意図により偏った笛を吹いたり(無いと信じたいけど)基準があいまいで、同一の試合中に同じことをしていても笛を吹いたり吹かなかったりすることが起きることでしょう。
これがあると選手たちにフラストレイションがたまるし、いろいろな悪影響があります。
さらに希望できるなら、先に述べたレフリーの個性を超えて、あるべきラブビー(今清さんには日本ラグビー強化方向でしょう)を指向・支援できるような笛を吹いてもらえたら非常に有難い、と思います。
Commented by FXで稼ぐ情報商材 at 2008-05-10 14:19 x
こんにちは。「今泉清ブログ : 早明戦後の皆さんの意見を受けて・・・」の管理人様。いつも面白い情報をありがとうございます。次の更新を楽しみにしてます!



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.