エキサイトブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
1967年生まれ。大分舞鶴高から早稲田大学を経てサントリーに入社。日本代表を経験し、サントリーフーズでプレイングコーチを務め、2001年現役引退。全国大学選手権優勝2回、日本選手権優勝など、輝かしいキャリアを誇る。現在は早稲田大学とのサントリーフーズのコーチとして後進の指導に注力。特に最近の早稲田大学の躍進では、清宮監督のもとでその指導を支え結果を出している。ラグビーを通じて取得した『組織論』は企業組織にも充分に生かせると定評がある。

生年月日:昭和42年9月13日
出身地:東京都
身長:183cm
体重:96kg
血液型:AB型
趣味:読書、映画鑑賞、サッカー
カテゴリ
最新のコメント
本当勉強になりました。 ..
by パートナーエージェント 口コミ at 07:44
下井は感情で吹く最低の人..
by イマイズスキ at 20:31
ベビーシューズ ナイキ
by ジョーダン ナイキ at 16:52
太秦は右京区にあります。..
by 右京区ですよ at 16:55
セレブだってトキメキたい..
by 恋するセレブ at 15:35
秦氏を調べていく内に西条..
by 高橋 建次 at 19:41
秦氏の謎
by 高橋建次 at 14:48
酒川用水の井堰を嵐山の大..
by 高橋建次 at 14:46
私の地方にも秦氏の問題が..
by 高橋建次 at 14:40
阪神ジュベナイルフィリー..
by 阪神ジュベナイルフィリーズ 2011 at 12:10
最新のトラックバック
●山本圭一『めちゃイケ』..
from 中秋名月
元モーニング娘。中澤裕子..
from 元モーニング娘。中澤裕子 保..
Fカップの「爆乳美少女」..
from ヤオヤオこと郭書瑤(グオ・シ..
有名女子アナ 狙われた映..
from 有名女子アナ 狙われた映像!..
あの数年前に起きた整形外..
from あの数年前に起きた整形外科美..
原史奈 痴漢に手をスカー..
from 原史奈 痴漢に手をスカートに..
本上まなみ デビュー当時..
from 本上まなみ デビュー当時に撮..
Perfume(パフュー..
from Perfume(パフューム)..
さとう里香 レースクイー..
from さとう里香 レースクイーン時..
井上和香 流出全裸露天風..
from 井上和香 流出全裸露天風呂映..
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:定食屋巡り( 11 )

早稲田の台所 ママキムチ
 このママキムチでは、ほとんどのメニューが1000円以下で食べることができる。

無料の大盛りご飯は何回でもお替り自由。

本当に学生には、有難い店である。
e0051175_14494990.jpg

そして、日替わりの小皿が2種類も付く。大満足!

e0051175_14512229.jpg

私がよく食べるのは、この「ビビンバ」。650円(ランチ時だけ)

コチジャンかけ放題なのが、満足度アップ!
e0051175_14554071.jpg

これは、豆腐チゲ ¥800。冬には体が温まる一品。

e0051175_1458593.jpg

これが、参鶏湯(サンゲタン)¥900。

参鶏湯を¥900という安価な値段に食えるのは、ここだけです。

正直、うまい。風邪のひき始めは、これがどの薬よりも効果大です。

¥900出費しても、全然損した気分になりません。

キムチと、ナムルもやしも付いて、この値段・・・・最後に思うことは、

「ママキムチに出会えてよかった」と思うことです。

住所:新宿区西早稲田1-9-9 光洋ビル1階

   早稲田駅から徒歩7~8分ほどです。

ママキムチ最高!
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2006-06-21 15:14 | 定食屋巡り | Comments(10)

ジョン・ローンが愛した水餃子!
 世田谷通りにある何の変哲もない中華屋さん。

注意して探しても、見逃してしまうような間口しかない店。

この店に逸品と呼ばれる水餃子がある。

香港の映画スター、映画「ラストエンペラー」で、皇帝溥儀(フギ)を演じたジョン・ローンも

水餃子を食べに来店したことがあるそうだ。
e0051175_12464789.jpg

この店は、1階にカウンター席、2階にファミリー席があるだけ。

けっして大きな店舗ではない。店に入ると、すぐ右側にガラス張りで外から見える厨房がある。

一生懸命、餃子を作る作業を見ることができる。手を抜かない姿勢に、好感がもてる。
e0051175_13103330.jpg


私がオーダーしたのは、「来々丼と水餃子」だ。

来々丼は、豚肉の生姜焼きの下に、野菜炒めを敷き詰めている。

野菜も効率良く、摂取することができて、なかなかの優れものである。

 ところで、問題の水餃子だが、手間をかけてしっかりと作られていいる。

一度、低温の油で揚げて、肉と野菜のうま味を閉じ込めておいてから、鳥ガラのスープで

煮込む。こうすることで、旨味を逃がさないそうだ。

そして、餃子のタレをつけずに食する。

プルプルの独特の食感を持つ皮から、熱々の肉汁と野菜の旨味が口の中に、

いっぱいに広がる。

美味い餃子は、タレをつけなくても美味さが分かるものだ。

さすがに、ジョン・ローンが食べに来るだけの逸品だ。

しかし、この店に本当に来たのかと、驚かされる。

地元に密着した、いい店だ。タクシーの運転手が食べに来ることからも、美味さが伺える。

水餃子 ・・・・¥350          ホイコーロ定食・・・¥850  
ラーメン ・・・¥500          酢豚定食    ・・¥850
来々麺 ・・・・¥750          チャーハン   ・・・¥700
味噌ラーメン¥700          半チャーハン  ・・・¥300
来々丼  ・・・¥850
e0051175_1356740.jpg


ジョン・ローンが、温情愛心とかいた色紙がある店の住所は、下記の通り。

住所:世田谷区世田谷2-15-2
電話:03-3429-2853
営業:11:00~14:30  17:00~20:00
休日:火曜日
店名:来々軒

たかが餃子、されど餃子!

まだまだ奥が深い!
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2006-03-15 14:11 | 定食屋巡り | Comments(17)

餃子に対する固定概念を、変えます。
 おばあちゃんの原宿として、有名な巣鴨に、その店は有る。

店名は、「ファイト餃子」。本店は、千葉に有るらしい。

JR巣鴨駅前から、とげ抜き地蔵を通り過ぎて、6分ほど歩くと、見えてくる。

e0051175_15191962.jpg


この店のメニューには、餃子以外に、ラーメン・野菜炒め・チャーハンなどがあるが、

来店するほとんどの人が、餃子を注文する。

その餃子の皮は、少々変わっている。

生地の素材が、なんとパンなのだ。

ふっくら焼けて、中は熱々。
e0051175_16311839.jpg




 これが餃子です。

食べるときは、一つひとつに箸で、穴を開けて、中の暑い湯気を抜きます。

そうしないと、舌を焼けどしてしまいます。

食べるタレは、醤油とラー油だけで食します。

常連客の通は、マイ・マヨネーズを持ち込んで、醤油マヨネーズと、七味をかけて食べます。

店内には、張り紙や、色紙が貼ってあり、何個餃子を食べたと、勲章のように飾っている。

餃子を注文する単位は、10個からだ。

餃子一人前、10個・・・・¥370

ラーメン       ・・・・¥580

やきそば       ・・・・¥650

チャーハン      ・・・・¥660

住所:東京都豊島区西巣鴨3-7-3

電話:03-3917-6261


私は、このファイト餃子に行くと、餃子しか食べたことが無い。

平均でいつも、30個程度は食べている。

この餃子と、ビールのコンビは、私にとって最強の定番のメニューである。
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2006-02-26 16:28 | 定食屋巡り | Comments(8)

うまい魚屋!
 地下鉄南北線、麻布十番駅を下車、1番出口を出る。

東京都民銀行の手前を右に曲がり徒歩2分ぐらいのところに、その魚屋は存在する。

店名は、「ふじや食堂」。

付近には、洋食屋で有名な「エドヤ」がある。
e0051175_16122392.jpg


基本メニューは、定番のさば味噌から、にしん塩焼き・さんま・ブリ照り焼き・

アジフライ・イカフライなど、揚げものもありメニューは豊富である。

これら、総ての定食が、700円。

かなり良心的である。

e0051175_160256.jpg

これが、にしんの塩焼き。

かなり大きくて、ボリュームがある。他の店にいくと、これを半分に切った量で出してくるが、

ここ「ふじや食堂」では、違う。

私にとっては、大変嬉しい。お店の心意気を感じる。好感の持てるいい店だ。
e0051175_16132747.jpg


 さばの味噌煮は、以前に紹介した「にいみ」のそれとは違い、味噌がさばによく絡んでいる。

味は濃い目なので、私のようなタイプ(汗をかく人)の人間には、ちょうどいい味だ。

これらの魚に、味噌汁と漬物。その他に一品ついて、¥700は、嬉しい。

ラグビー現役の時は、牛肉至上主義。洋風料理絶対主義だった私も、

現在は、今後の体のことを気にしながら、食事を摂るようにしている。

そうなると、やはり和食中心で、蛋白質を取る場合は、魚になるように、心掛けている。

最近、魚を食べることの楽しみを再認識しだした私である。

「ふじや食堂」が、再認識させてくれた。

「ふじや食堂」の場所。

住所:東京都港区麻布十番3-7-1

TEL:03-3451-1063

ちなみに、夜は飲み処に変身して、魚などを一品料理で出す。
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2006-02-10 16:31 | 定食屋巡り | Comments(3)

早稲田といえば、メルシー!
e0051175_0233790.jpg


東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩2分。

早稲田中高の裏に店を構える「メルシー」。

場所がら、早大生、職員、卒業生から絶大なる支持を得ている。

メルシーのラーメンは、口に入れた瞬間に、言葉で表現できないほど、懐かしい感覚に包まれる。

恐らく、スープのだしに関係しているのだろう。

だしは、干しにぼしと生姜や玉葱を使用。だから臭みがなく・・・・・など。

ラーメン本には、このような説明があるが、実際に食べると、それ以外の味がするのが分かる。

精算時に厨房の中を覗くと、上記以外の食材が、鍋の中で煮込まれていた。

その食材とは、鶏の足だ。

鶏がらスープのように、油っぽくなく。あっさりしていて、食べても胃にもたれない。

それだけに、私の大学院同期生の女の子は、週三回以上も食べるヘビーユーザーになって

しまったほどだの味だ。

e0051175_18562.jpg


今回、私が定食屋ではなく、軽食&ラーメン屋をアップさせてのには、理由がある。

私には、いいラーメン屋の条件。これが揃えば満足だと思える定義を、持っている。

それは、だしにこだわりがあるのは、当然なのだが、結構、人があまり気にしていないのが、

麺の茹でかただ。

最近の人気のラーメン店は、効率よく麺を茹でるために、麺茹で専用の機材を設置して、

時間をセットして、茹でる。

これには、訳がある。誰が麺を茹でても変わらない品質を追求するために、

このようなシステムを組み立てなくてはならないのだ。

これでは、麺の固さが均等にならない。小さな円柱の籠の中で、窮屈に茹でられるので、

麺がくっついたりして、スープの中に入れたときに、麺にスープが絡まない。

本来、中華そばは、大きな鍋に、お湯をたっぷりはって、麺を鍋の中で泳がせる感覚で、

茹でるのが、ベストだ。

 麺の固さは均等で、口の中に入れた瞬間に違いが分かる。麺が弾けるのが分かる。

ここメルシーのラーメンは、昔ながらの中華そばの代表だ。

値段は良心的だ。

ラーメン    ・・・ ¥390

もやしラーメン・・・ ¥410

ライス     ・・・ ¥160

ラーメン+半ライス ¥480

 以上は麺類だが、ここで、謎のメニューが存在する。軽食と明記してうぃる理由がここにある。

ポークライス?・・・。これは店の人に、「何ですか?」と聞くと、オムライスの中に入れる具で、

「卵を巻いてないだけだと」言っていた。

要は、豚肉の入ったケチャプライスのことだ。
e0051175_262946.jpg


このポークライスは、なかなかの美味だ。

ポークライス ・・・¥480

ドライカレー  ・・・¥480

チャーハン  ・・・¥480

 どれも、逸品だ。気どらず、店の雰囲気に合った味は、最高のパフォーマンスだ。

住所:新宿区馬場下町63

営業時間:10:00~19:30

休日:日曜・祝日

 ちなみに、学生の間での噂だが、店名のメルシーは、ラーメンの代金が390円で、

サンキューなので、フランス語でメルシーと名付けたという話がある。

・・・・・・本当かな?

書き忘れがありました。

メルシーのラー油は、最高です。なんと言っても、手作りです。

市場に出回っているものより、味に深みがあります。ラーメンに入れると、単純に美味い。

餃子とかメニューにないので、最初から目的は、ラーメンに合うラー油を作ったのでしょう。

試してみてください。

苦手の人もいけます。
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2006-02-01 02:28 | 定食屋巡り | Comments(14)

早稲田の珍味
 早稲田には、客に媚びない店が何軒かある。その客に媚ない店の一つに、珍味がある。
e0051175_1154965.jpg


学生の身分で、店に入ると発する言葉は、「ナス」か「唐揚げ」に限られる。(他メニューもある)

私の友人であるI・R君は、店に入店したとたんに、「ナス」(ナスと豚肉の味噌傷め定食)と、

聞かれて、「え!」と発すると、また「ナス!」と聞き返されて、思わず「はい、ナスで・・・」と

返事をしてしまったことがあるそうだ。

 I 君曰く、「この店は、ナスと鳥唐しか注文できないんですよ」。

眼鏡をかけたお父さんの渡辺さんは、なかなか手強い相手だ。

私も緊張しながら、ナスをオーダーした。

すると、少し離れた席に座るサラリーマン風の男性が、注文した。

「スタミナ」!

おい!いいのかよ!ナスと鳥唐以外の注文じゃねーか!・・・・・できるんだ。(・0・)

渡辺さんに抗議すると、「早稲田のOBは、いいんだよ」と、あっさり!

残念!現在の私は大学院生なので、扱いは学部生と同じ扱い。

つまり、ナスと鳥唐しか注文できないそうだ。でも特例で、お客が少ないときなら注文できる

ように、配慮していただけた。

有難い話です。(・・・・・・・なんかむなしいー!)

その噂の「ナス」が下の写真。
e0051175_11973.jpg


そして、もう一の「鳥唐揚げ」
e0051175_1201570.jpg


ナスは、絶品。油がきつくなく、米との相性も抜群。

鳥唐は、油ぽっく無く、すっきりしていて、胃にやさしい味付けだ。

そして、肝心の価格も、学生の街にあるだけに良心的だ。

e0051175_124168.jpg


店内のメニュー表は・・・・・

e0051175_1263667.jpg


写真では、切れているが、おかず・おかず大盛り・・・100円

 珍味には週一で、お邪魔してます。

場所は、新宿から、池袋に向かっう明治通り。早稲田通りとぶっかったら、右に2分ほど歩く。

ビルの2階に珍味がある。

住所:新宿区西早稲田3-20-1 ストーン・ウォールビル 2F

営業時間:11:00~20:00

電話:03-3203-8178

休日:日曜日・祝日

チャレンジャーの方、来店初で、「ナス」と「鳥唐」以外の注文に挑戦してみては・・・・

試した方は、結果報告を、お待ちしております。

いないだろうなー
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-12-16 01:43 | 定食屋巡り | Comments(7)

三軒茶屋の「お食事処 はとぽっぽ」
 三軒茶屋の駅を途中下車して、地上に上がると、一番最初に目に入るは、空高くそびえる

キャロットタワーだ。その麓に、すずらん通り商店街がある。

その商店街の真ん中に、「お食事処 はとぽっぽ」は、存在する。

e0051175_2102159.jpg


 この商店街は、なかなか面白く、名店も多い。はとぽっぽ以外にも、安さの「いそ源」、

らーめん「龍舞」などなど・・・

e0051175_2174084.jpg


この店は、かなりの優れものです。

一品からオーダー可能なので、自分のオリジナルの組み合わせで、定食を作ることができる。
e0051175_2264741.jpg


今日の私は、牛肉スタミナ焼き定食と、目玉焼きを、オーダーした。

この目玉焼きは、もちろん半焼きで、お願いする。

焼きたての目玉焼きを、白いご飯の上に置いて、箸で目玉焼きを崩して、

しょうゆを少々垂らすして、かき混ぜる。白いご飯が、黄金色に変化するころ、

しょうゆの香ばしい香りが、鼻をやさしく撫でると、私の口の中では、唾液がスクランブル発進。

 口の中に、黄金色に輝くご飯をかき込み、牛スタミナを口に運ぶ。

そして、私は至福の時を向かえる。

牛スタミナの味は、甘辛く、ほどよい野菜の甘みと、タレの辛味が、絶妙のバランスを発揮。

ラグビーもそうだが、料理もバランスが大切だ。

この店は、味のバランスだけではなく、コスト・パフォーマンスでも楽しませてくれる。

☆牛スタミナ ・・・¥750
☆牛生姜焼き・・・¥730
☆豚生姜焼き・・・¥630
☆レバニラ ・・・¥680
☆ニラ玉  ・・・¥630
☆とんかつ・・・¥700
☆チキンかつ・・¥650
☆メンチかつ ・・・¥580
☆目玉焼き・・・¥200
☆カレーライス・・¥480

住所:東京都世田谷区太子堂4-22-14 積

席数:26席

この店の近くにパブリックシアター世田谷があり、店に劇団員らしき人々が、

よく定食を食べにきているので、出会って仲良くになれる可能性もある。


    
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-11-17 03:01 | 定食屋巡り | Comments(0)

定食・ラーメン 明喜屋
 西武新宿線、田無駅の一つ手前、西武柳沢駅を下車して、改札を出て北口に向かう。

階段を下って、どさん娘らーめんの角を左に曲がると、定食屋としてレベルの高い

定食・ラーメン 明喜屋がある。
e0051175_21333798.jpg


このお店は、まだ早稲田のラグビーが、同じ西武新宿線の東伏見にあったころ、

早稲田のラガーマンが、よく食べに来ていた定食屋だ。

少々客単価は高いが、美味さは早稲田ラガーマンのお墨付きだ。
e0051175_2143406.jpg

四川ピリカラ豚肉炒め・・・¥820円
e0051175_2149371.jpg

ナスの豚肉味噌炒め・・・¥820円
e0051175_2149576.jpg

レタスチャーハン・・・¥680円

この三品は、絶品だ。もちろんこれ以外も、美味しい。

特に、レタスチャーハンの、お米の一粒、一粒がパラパラとして、何とも言えない美味さだ。

四川ピリカラは、酢醤油をベースにした特性のタレに、豚肉を絡めて食べれば、最高だ。

店内は、カウンターと、4人が座れるテーブル席が、1つ。

カウンター席に座ると、料理をしている姿が目の前に広がる。

丁寧に作る姿に、好感を覚える。

住所:東京都西東京市保谷町3-11-3
TEL:0424-67-0170

 
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-11-12 21:58 | 定食屋巡り | Comments(2)

早大ラガーマンの台所。ビストロ ベルゲン
 西武新宿線の上井草駅南口。目の前に、ベルゲンはある。

現在、早稲田クラブのクラブハウスもかねるこの店の店内は、早稲田カラー、一色だ。
e0051175_0392180.jpg


 この写真以外にも、早稲田歴代の赤黒ジャージが飾られている。

 ここのオーナーである上野さんは、以前に新宿アルタの裏に店を構えていたが、

早稲田ラグビーが、東伏見から上井草に聖地を移転させる際に、上井草に移ってきた。

 このベルゲンは、定食屋でわないが、ここの豚生姜焼きと、ハンバーグは絶品である。

私も何度も、お世話になっており、時々無性に、ここの豚生姜焼きが食べたくなるので、

紹介したい。

e0051175_056634.jpg


 この写真で、美味しさが上手く伝えらないのが、とても残念だ。

少々説明させていただくが、まず豚肉を生姜だれで、焼き。たまねぎなどの野菜を生姜だれで、

炒めて、片栗粉を加えて、とろみをもたせる。

 これが、中華のあんかけ風で、豚肉と絡んでたまらない。

思わず白ごはんが、進む。

 そして、侮れないのが、一緒に出てくるポタージュ・スープである。

このポタージュは、一口だけ飲もうとしても、あまりの美味さに、一気に飲んでしまう一品だ。

そして、次に紹介する一品は、ハンバーグ・ランチである。

e0051175_1114068.jpg


 これまた、上手く写ってないのが、残念。

マスターの上野さんが、丁寧に時間をかけて、練り上げたハンバーグの生地は、きめが細かく

デミグラスソースと、相性抜群である。

一口、口に入れるや、デミグラスの奥深い味わいが、まるで洪水のように口の中に、いっぱいに

広がる。

 ハンバーグの味が、口の中に残っている間に、間髪入れずに白いめしを、かきこむ。

よく噛んで、飲み込むと、至福の時を迎える。

幸せーーーー\(^。^)/

☆豚肉生姜焼き・・・・800円
☆ハンバーグ  ・・・・800円
☆ステーキ   ・・・・1000円

e0051175_1215021.jpg


 ベルゲンの料理を食べると、自分の中で洋食の基準ができます。

住所:東京都杉並区上井草3-32-6
        
  このベルゲンの前を、向かって右にまっすぐ歩いていくと、

                         徒歩1分で早稲田のグランドにたどり着きます。

 
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-11-09 01:32 | 定食屋巡り | Comments(7)

恵比寿 めし処 こづち
 今回は、恵比寿駅から徒歩1〜2分ほどのところにある、「めし処 こづち}を紹介したい。

 駅の改札を出て、ロータリーと反対側の出口を出て、UFJ銀行を目指して、歩くと路線バスが

走る通りにでる。ちょうど、UFJ銀行の斜め前に、定食屋としては、レベルの高い「こづち」

が有る。

e0051175_23413552.jpg


店を入ると店内は、L字のカウンターに20却ほどの椅子、

数多くの短冊にメニューが壁にかかる。

人は多く、学生風・営業途中のサラリーマン・タクシーの運転手・などなど・・・

店の中の厨房は、客席より広く、今風でいうところのオープンキッチンだ。

4人ほどの男性に混じって、女性の店員さんが、2人ほど〈日によっては違うと思う)

それぞれの持ち場があり、注文の品を、次から次へと調理していく。

その姿は、まったく無駄のない熟練の仕事を見せてくれる。

まるで、匠集団だ。

メニューには、ラーメンの類が無い。さすが匠集団。調理の効率を考えてのことか・・・?

ここで、私は肉生姜焼き定食を注文する。

「こづち」の肉生姜焼きは、他店とは違う。豚肉がとにかく分厚い。

この肉は、本来ならば、豚肉のソテーに使用されるような、いい肉だ。

まず、表面をさっと炒めて、肉のうま味が逃げないようにしておいて、これからが違う。

生姜のたれがたっぷり入っている鍋に、豚肉を入れて煮込むのである。

これがたまらない!肉は固くならず、柔らかくて、余分の油が取れて、くどくない。

豚肉の脂身までも、美味しく食べることができる。

e0051175_2346102.jpg


この豚肉に、ポテトサラダとキャベツの千切りと味噌汁。そして入れ放題の紅生姜を白いご飯に

のせて、さあ、いただきます!

 この「こづち」、これ以外のメニューも、かなりの優れものが多数控えている。

・肉生姜焼き             ・・・800円
・とんかつ               ・・・800円
・ソース焼そば+半ライス・味噌汁・・・600円
・アジフライ              ・・・250円

メニューは、豊富にあるので、自分の好みに合わせて、組み合わせで定食を作るのも、粋だ!

住所:渋谷区恵比寿1−7−6

電話:03−3444−3763

 余談だが、店名の「こづち」の意味は・・・・
                           恵比寿様が持っているものは、何でしょう?
[PR]
by kiyoshi-imaizumi | 2005-11-01 20:08 | 定食屋巡り | Comments(6)



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.